2009年12月14日

古民家カフェ・レストランを始めよう!

古民家でカフェ・レストラン。実は最近、これが流行しています。
都会の一流レストランや海外で修業したシェフが、田舎に移住し、小さなカフェやレストランを開業するのです。
このようなレストランの持ち味は田舎のきれいな水や新鮮で安全な無農薬野菜を使った料理、そしてのどかな田園風景を眺めながら食事をすることができるその眺めです。

地元の食材を使ったイタリアンやフレンチのお店が増えているのにはこんな理由があるんです。。
料理というのは味さえしっかりしていれば、どんな辺境の地にあろうとその味を求めて人はやって来るもの。
そしてその評判が口コミで広がりまた、遠くから人がやってくる。そしてこの繰り返し。
これが田舎でレストランを続けられる秘訣です。
ここまでくれば、もう地域活性化に一役買っていますね。
そこからの波及効果にあなたは大貢献です。

また、必ずしも一流シェフがお店を構えなくたっていいんです。
料理好きな奥さんが、地元の食材を使ってちょっとした手料理を提供するお店でも十分に価値があります。
調理師の免許や飲食業の営業許可など法律上の問題はいくつかありますが、下準備さえ行えば、田舎暮らしを始めてから、一般の方が古民家レストランとか、古民家カフェを開くことだって可能です。
1度でいいからカフェっぽいものをこだわりのインテリアや食材・料理でやってみたかった!なんて奥さんも結構いらっしゃるのではないでしょうか?


自宅の家庭菜園で採れた野菜なんかが一緒に提供できたら最高ですね。
これは私の家の畑で採れたニンジンを使用したキャロットケーキなんですよー、ねんてね。

脱サラしてラーメン屋を開業するより素敵な選択肢だと思いませんか?
posted by 田舎大好き at 20:00 | さまざまな田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。