2009年12月14日

セカンドハウスで田舎暮らしを始めよう!

田舎暮らしの暮らし方としてセカンドハウスという選択があります。
いわゆる二地域居住ですね。
たとえば、平日は都会の現在の自宅で過ごし、週末は田舎にあるセカンドハウスで過ごすというものです。

山に囲まれた静かな場所で、平日の都会の喧騒を忘れ、静かに読書をしたり散歩をしたりする。
朝ゆっくりと目覚めてあたたかいコーヒーを飲んだり、夜には友人を招待してバーベキュー。
最高の休日の過ごし方ですね。

このセカンドハウスも賃貸物件を探すのか、完全購入に踏み切るのかなど選択肢はいろいろありますが、いきなり完全移住には踏み切れない、という方にはおススメの暮らし方です。

現在お住まいの住居でもご近所づきあいや地域の仕事などがある方も多いはず。
そんな問題も2つの地域を行き来することで解消できるんです。
また逆に、セカンドハウスを構える地域では、常にその土地に暮らしているわけではないので、新しい土地でのご近所づきあいに気を悩ませなくてもいいという点もあります。

もちろん、田舎で人付き合いをしなくていい!というのは間違った考え方ですが、本当に人里離れた土地ならば、そういう場合もあるかもしれません。
もちろん、基本的には地域の人との交流が田舎暮らしの醍醐味の一つだと思います!
最初は移住先のコミュニティになじめないのは当たり前です。
そこから週末だけでも地域の人々と関っていく中で関係を深めたり、信頼関係を築いていくことで、その後の田舎暮らしもよりよいものになるというものでしょう。

このセカンドハウスでの暮らしに慣れてくれば、将来的には完全移住しようという可能性も見えてくるはず。
そのためのお試し期間としても、セカンドハウスはおススメなんです。

家賃や二地域間の交通費などお金は少しかかるかもしれませんが、この生活でしか得られないものもたくさんあるはずです。
あなたはどんな田舎暮らしの形を望みますか?
posted by 田舎大好き at 21:00 | さまざまな田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。